夏休みだから建築のお勉強(@_@)

こんにちはでこっちです

「約2,000万年前、

日本列島の大半が海中にあった頃、

火山が噴火し、

火山灰や軽石が推積して、

大谷石が誕生しました。」(大谷石資料館より)

こんにちは!!デコっちです(^^♪

今年の夏休みは、

栃木県大谷町へ行ってきました(^o^)

まずは大谷資料館。

入り口の扉を開けると

冷やっとします。

階段をずんずん降りていくと、

すごい!!

真っ暗な石の中。

以前はここから採掘されていたそうです。

手彫りの跡、

機会彫りの跡、

歴史を感じます。

地上との隙間からは

光が差し込み・・・

なんて神秘的なのでしょう。

石というのは

かたいとか、重いなどのイメージですが、

なぜかリズムを感じました:shock:

天然素材の自然のリズムでしょう。

栃木県庁にて

なかなか上手く伝えられなくてごめんなさい。

ぜひ皆さん

いってみてください。

現在はここで、コンサートやファッションショーなどの

イベントをすることもあるそうですよ:wink:

ちなみに大谷石って

何に使うの???

内装や外装で使われます!

大理石(ダイリセキ)のツルっとした光沢感ではなく、

天然素材の素朴な風合いが特徴。

温かさ、やさしさを感じますね。

機能的には耐火性に優れ、

暖炉のまわりなど、

気持ちの落ち着く空間作りに

いかがですか?

タイトルとURLをコピーしました